東京都江東区の社会保険労務士事務所です。人事労務全般、特に介護を得意分野にしております。

就業規則の作成

就業業規則作成の基本

就業規則作成の基本的な事柄について記載します。

就業規則とは

従業員の一人一人が企業目的達成に向けて働くためには、一定のルールが必要になります。

賃金・休日・労働時間等の労働条件がはっきり決まっていないと安心して働くことができません。

就業規則は、こうした働くための決まりや労働条件を定めたものです。

就業規則の作成義務

常時10人以上の労働者(パート、アルバイトを含む)を使用する使用者は、必ず就業規則を作成し、所轄の労働基準監督所に届け出ければなりません。

常時10人未満の場合は、就業規則の作成が義務づけられていませんが、トラブルを未然に防止するためには、就業規則を作成し、労働条件を明らかにしておいた方がよいでしょう。

就業規則作成の目的

就業規則の作成により、法律的に企業リスクを排除する効果があります。就業規則が十分に整備されている会社は、不測の事態に対してもきっちりと対応することができます。

☆業規則作成により、従業員との関係をうまく保持しながら、会社業績向上のために活用します。そのために、法律を遵守し、労使間のトラブルを排除することが必要なのです。

☆会社には、それぞれの考え方や理念があって、経営が行われています。
そこで、社内ルールとしての就業規則を会社の経営理念を実現するために活用します。

経営理念に沿ったその会社独自の就業規則を作成し、自社特有のリスク回避策・会社と従業員との間のコミュニケーションを充実させるための施策としてリンクさせていかなければなりません。経営理念とリンクさせることによって、理想的な就業規則ができあがります。

就業規則に定める事項

次のように、①必ず定めなければならない事項(絶対的記載事項といいます)、②定めをする場合は必ず記載しなければならない事項(相対的記載事項といいます)、③任意に記載する事項(任意記載事項といいます)

①必ず記載しなければならない事項(絶対的記載事項)

・労働時間関係→始業・就業規則、休憩時間、休日、休暇、交代制で就業させる場合には就業時転換に関する事項
・賃金関係→賃金の決定・計算の仕方、賃金の支払方法、賃金の締め切り・支払いの時期、昇給に関する事項
・退職関係→退職の事由とその手続、解雇の事由等

②定めをする場合は必ず記載しなければならない事項(相対的記載事項)

・退職手当に関する事項(適用労働者の範囲、退職手当の決定・計算・支払いの方法、支払い時期)
・臨時の賃金等(退職手当を除く)、最低賃金額
・食費、作業用品、その他の負担
・安全・衛生
・職業訓練
・災害補償、業務外の職業疾病
・表彰・制裁の種類・程度
・そのほか全員に適用されるもの(旅費・福利厚生など)

③任意に記載する事項(任意記載事項)上記以外の事項=たとえば、就業規則の制定趣旨、経営理念など

就業規則作成に当たっての留意事項

もちろん法令に則って作成しなければなりませんし、必要に応じ専門家と相談しながら進めることになりますが、作成時の大まかな留意点をあげます。

①会社の実態を反映した内容にすること。

②会社の理念や事業主の考えが反映されていること。

③会社の慣行や業界の特殊事情なども尊重すること。

④法令違反はもちろん、時代遅れや独善的なものも排除すること。

就業規則が使用者と労働者双方を拘束することを考え、理想に走ったり、最初から守ることのできないものを規定するなど注意すること。

労働者代表の選び方に注意すること。

⑦意見書については、代表者に素直に記載してもらうこと。改善案や反対意見については、前向きに受け止めること。

⑧代表者の意見の聴取については、むしろ作成段階から参画させ、その結果を反映することが望ましいが、出来上がったものを見せることでも構わない。

就業規則は、事業主が一方的に作成することができるということからも、労働基準監督署への届出時点で効力を発生するのではなく、労働者に周知した時点で効力を発生するので、周知の方法を工夫する必要があります。一番よいのは、事業主から全員に趣旨や中身を説明し、就業規則を本当にオーソライズさせることが大切です。

就業規則に対する従業員の反応については、面倒がらず丁寧に対応すること。

就業規則は、職場の憲法であり、労務管理の実践そのものであることをくれぐれも認識する必要があります。

ご相談・お問合せはこちらをクリック

a:2996 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional